新型出生前診断でできること

新型出生前診断で分かることを解説します

このサイトでは、新型出生前診断でどのようなことが調べられるのか、胎児の症状など知りたいことやわかることを紹介しています。
疾患をあらかじめ理解しておくことで、出産するかどうか、また出産後にはどうするのかをしっかりと考えることが出来ます。
子供の症状を事前に知っておくことで、治療法やケアなどの仕方を理解しておくことが出来るとおおいうことです。
診断で知ることが出来るのはどのようなものか、まずはそれを紹介しましょう。

新型出生前診断で子供の疾患を調べることができる!

新型出生前診断で子供の疾患を調べることができる! 新型出生前診断では、胎児の様々な疾患を調べることが出来ます。
ダウン症候群やエドワーズ症候群、パトー症候群などはもちろん、疾患でもあまり知られていないものや染色体異常を確認出来るので出産前に考えることが出来るということです。
結果によっては残念ですが出産しないという判断をする夫婦もいますし、出産をした後にどのような生活をするのかと話し合うことも出来ます。
疾患を調べることで、治療方法やケア方法といった出来ること、やるべきことを事前に理解することが可能になるというのは家族にとってとても大切なことです。
診断の内容によっては、事前に医師と相談をして考えることがたくさんあるので、新型出生前診断を受ける夫婦はたくさんいます。

新型出生前診断で検出することができる疾患にはなにがあるか

新型出生前診断で検出することができる疾患にはなにがあるか 新型出生前診断では染色体疾患に関して調べることができます。
新型出生前診断で検出することができる疾患には、ダウン症候群とも言われる21トリソミー、18トリソミーで知られるエドワーズ症候群、そして13トリソミーのパトー症候群があげられます。
この3つは胎児にとって起きやすい染色体疾患であり、全体の約7割に相当しており、最も多いのがダウン症候群の53%、次いで18トリソミーの13%、13トリソミーの5%です。
海外においてはこの3つの他に調べることが可能ですが、日本では現在のところ日本産婦人科学会などの指針によって3つのみ調べることができるように指示されています。
ダウン症候群では21番の染色体が余分に複製されている状態であり、精神発達や発育の遅れ、低身長、まゆげがつながっているなどの特徴があります。
命に関わることは少ないのですが、まれに白血病や心臓病を引き起こす可能性があります。
18トリソミーは18番染色体が余分に作られており、体格が小さく、さらに内臓の機能障害がみられます。
治療方法は現在のところありません。
同じように13トリソミーにも治療法がなく、脳や心臓など命を司る部分に異常がみられるのが特徴です。

新型出生前診断は遺伝学的な検査方法なのか

近年高齢出産をする女性が増えています。
年齢を重ねると胎児に先天的な疾患を抱えたり異常が見られたりするケースが多くなることがわかっており、出産前にある程度の情報を得て出産後の生活に生かすために出生前診断が行われます。
この出生前診断にはコンバインド検査や母体血清マーカー検査などがあり、赤ちゃんのDNA断片を分析することができる新型出生前診断が注目されています。
この新型出生前診断は無侵襲的出生前遺伝学的検査とも言われており、ダウン症候群や18トリソミー、13トリソミーの3つの染色体異常の疾患について調べることができます。
他の検査よりも感度が99%と高いのが特徴であり、母体の血液から検査を行うので流産や死産のリスクはありません。
さらに妊娠9週もしくは10週以降であれば検査が可能で、より早期に胎児の状態を知ることができます。
ただし感度が高いものの100%ではなく、確定的検査方法ではありません。
そのため偽陽性と診断されることもあるため、より詳しい検査を受ける必要があります。

新型出生前診断で赤ちゃんのDNA変化を検査

出生前診断を受けることにより、生まれてくる子供が先天性疾患を持っているか可能性の有無を調べることができます。
出生前診断の検査で陰性の時は、母親の胎内の子に先天性疾患はありませんが、陽性の場合は子供に先天性疾患があるので、今後のことはパートナーと相談した方がよいです。
新型出生前診断(NIPT)は、妊娠が10週間後、任意の期間に行えるスクリーニング検査(非確定的検査)です。
そのスクリーニング検査は一般的な染色体疾患のダウン症候群や8トリソミー、13トリソミーがわかり、また性染色体のXX、XYの検査ができます。
性染色体の検査をすれば生まれてくる赤ちゃんの性別がわかります。
新型出生前診断は無細胞DNA(cfDNA)検査とも呼ばれています。
従来の確定的検査である羊水検査はお母さんのお腹に針を刺して行う方法だったので、流産や死産、早産のリスクがありましたが、新型出生前診断は妊婦の血液から、赤ちゃんの染色体の変化を調べるので、母体へのリスクがなくて安全な方法で、その上検査精度も高くなっています。

新型出生前診断を受ける前には十分なカウンセリングが必要

新型出生前診断は、血液検査によって赤ちゃんにダウン症などの異常がないかを調べることができます。血液を採取するだけで行えるので母体へのダメージが少なく手軽に受けられるというメリットがあります。しかし、新型出生前診断を受ける場合は、事前にしっかりとしたカウンセリングを受けるべきです。
検査をした結果、万が一胎内にいる赤ちゃんに異常が見つかったりすれば、親御さんはとても重たい決断をしなければならなくなってしまうでしょう。異常があってもそのまま出産をするのか、それとも堕胎するのかという、生命の選択をする立場に追い込まれることもあります。
また、新型出生前診断で異常ありとなった場合は、その診断を確定させるためにより精密な検査をしなければなりません。その検査は母体にダメージを与えるリスクも存在します。新型出生前診断を行うクリニックの中には、このようなリスクがあることを事前に知らせないところもありますが、そういうところで検査するのは好ましくありません。

新型出生前診断では胎児に針を刺すことがない理由

出生前診断というと、胎児の細胞を採取して顕微鏡下で検査をするものです。これは必然的に胎児に針を刺すことをしめしており、多くの女性が抵抗を抱いていたものです。ところが2010年に確立された新型出生前診断では、針を刺すことはしなくなりました。
新型出生前診断の魅力は母体の血液だけで診断を下すことができ、大きな負担を子供にも母親にも掛けないのが魅力といえるでしょう。
これを実現できているのは、ミトコンドリアの解析能力が各段に上がったからです。以前はDNAの塩基配列を調査することしか方法はなく、このために細胞が必要でした。今では血液だけでもタンパク質の調査とミトコンドリアの摂取もできるので、検査期間も1週間程度しか掛かりません。
その判定能力は約98パーセントをマークしており、ご自身のお子さんの健康チェックを出産する前からしっかりとおこなえて、健やかな成長を望んだ胎教にも励めるというのが魅力になります。

おすすめの新型出生前診断情報サイト

愛知で新型出生前診断をする

新着情報

◎2020/12/23

特性と流産の可能性の有無
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

「パト―症候群」
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「診断 子供」
に関連するツイート
Twitter

原発事故は起きてしまいましたが、福島の人たちが健康被害が出るほどの大量被曝を免れたのは不幸中の幸い(あまりよくない表現ですが)だったと思います。 それなのに、甲状腺検査の過剰診断のために無用な手術を受けて甲状腺を傷つけられたこどもたちが200人もいる。あまりにもひどいと思いませんか?

甲状腺検査には、一生甲状腺がんに気づかずに過ごしたかもしれない人を甲状腺がんと診断するリスクがあります。 将来発見しても治りやすい甲状腺がんを、子どもや若者のうちに発見すること(前倒し診断)にも、心身、また社会的な害が大きいことが指摘されています。

学校園が、発達障害と診断される子達にとって暮らしやすい場になると、診断されていない大多数の子ども達にとっても暮らしやすくなるだろうと思う。

ADHDの子どもの約60%は,発達性言語障害(DLD)も併せ持つ,といわれている.DLDと診断されないような言語能力が低下した子どもたちは他にもたくさんいます.

親の安心のために子ども診断おろすの?

熱、咳、くしゃみ、鼻水なにもないのに何故か風邪って診断された🙄そんで甘い粉薬出された、子供じゃないって😂まじクソジジイ